寒すぎ!冬のランニングを制する服装,ウェア,防寒グッズ8選【マラソン】

暑かった夏が過ぎ、肌寒くなってきましたね。長距離ランナーにとっては走りやすく、また記録も狙いやすい時期です。

しかし、あと数十日もすれば極寒の冬がやってきます。

冬のランニングってつらいですよね。手はかじかむし、足先は寒いし、吸い込む空気すらつめたい。

「ああ、つらい。走るのやめちゃおうかな。。」なんて、何度思ったかわかりません。

そんな苦痛を、少しでも和らげるのに役立つのが『ランニング用防寒グッズ』です。

本記事では、メジャーなものからマイナーなものまで、ランナーを寒さから守る防寒グッズを8つ紹介します。

シリアスランナーに近い視点からグッズを8つ選びましたので、ぜひ参考にしてください。(とはいえ、初心者の方も十分参考になる内容ですよ)

※街角ランナーが着てる『肌にぴたっとしてるウェア・タイツが買いたいんだ!!』という方はこちらの記事の方がいいかも↓
肌にピタ!!自分に合ったアンダーウェア・タイツで寒い冬のランニングをこなす【徹底比較】

※『冬のマラソン大会に挑む服装・グッズが買いたいんだ!!』という方はこの記事↓
これで完璧!極寒のマラソン大会を耐え抜く服装【初心者から上級者まで】

※『イケてるランニングのウェア(ウィンブレ)を買いたいんだ!!』という方↓
【メンズのウィンブレ多数】ランニングウェアやパンツなどおすすめなAMAZON商品まとめ
【レディース】ランニングウェアやパンツなどAmazonで買えるグッズまとめ

 

【保存版】長距離ランナーのための防寒グッズ8選

6689741705_0e816c0aaa_z

photo by Daniel Zedda

①ウインドブレーカー

寒さを防ぐには、結局ウィンドブレーカーを着るのが一番です。ここで紹介するグッズのほとんどは、ウィンドブレーカーをすでに持っていることを前提にしています。

まだウィンドブレーカーを持っていないなら、まずはこれを買いましょう。ウィンブレがないと、冬場のランニングなんてとてもじゃないけど続きません。

 注目  【メンズ】ランニングウェアやパンツなどAmazonで買える商品まとめ
 注目  【レディース】ランニングウェアやパンツなどAmazonで買えるグッズまとめ

↑その他、おすすめなウィンドブレーカーはこちらで紹介しています。

 

②ネックウォーマー

イチオシアイテム。

よく、「マフラーはセーターを着るのと同程度の防寒効果がある」といわれますが、ネックウォーマーはそれに近い役割を果たします。首元を温めるだけで、体感温度はぐっと高まります。

逆にどれだけ立派なウインドブレーカーを着用しても、首元が空いてしまっていては、寒さから身を守ることはできません。

また、ネックウォーマーなら口元を覆うこともでき、頬にあたる冷たい風を防ぐこともできます。それでいて、軽くて邪魔にならず、簡単に着脱することができます。

防寒効果抜群、手軽、安価と三拍子そろった最強アイテム。

持っていない人は、安いヤツでいいので一度買ってみてください。

 注目  【おすすめ】ランニング用ネックウォーマーを用途で選ぶ!Amazonでね。【ジョギング】

↑こちらの記事で、ネックウォーマーを多数紹介しています。

 

③ランニング用タイツ,アンダーウェア

初心者ランナーであれば、ジャージやウインドブレーカーで構いません。また、ダイエット目的の人にも必要ないでしょう。

しかし1分1秒を削り出すために努力するランナーなら、ランニング用タイツは間違いなく必須アイテムです。

身体を追い込む高強度なトレーニングには、ジャージのズボンは適しません。動きが制限されますし、速乾性も悪いですし、シャカシャカシャカシャカうるさくて気が散ってしまいます。

だけど真冬にランニングパンツなんて、とてもじゃないけど寒すぎて履いてられませんよね。

そこで、ランニング用タイツの出番です。動きやすい上に防寒効果は高く、速乾性もばっちり。

僕も現役時代、冬場はランニング用タイツを履き、ビルドアップ走やインターバル走など、さまざまなポイント練習をこなしていました。

公道の脇を走る場合は、タイツの上にハーフパンツなどを着用されることをお勧めします。

※ウィンドブレーカーを着ても寒い!という方は、下にアンダーウェアやタイツを着るとグッと体感温度が上がりますのでおすすめです。安いものなら、一着2000円程度で買えますし。

 注目   【おすすめ】肌にピタ!!アンダーウェア・タイツで寒い冬のランニングをこなす【比較】

↑こちらの記事で、『ビギナー向け、ミドルクラス向け、ハイグレード向け』にタイツ・アンダーウェアなどを紹介しています(メンズ、レディース両方あり)

 

④足もと カイロ 

ウォーミングアップの時、「身体はあったまったのに、足先が冷えたまま。。。」なんて感じたことはありませんか?

その悩み、くつ下用貼るカイロで万事解決します。

足元から身体を温めて血液の巡りを良くすることで、本練習の質を高めることができるでしょう。気持ちの面でも、足元の不快感を解消できることでより前向きにトレーニングへ向かえるようになります。

こういう小さな工夫って、けっこう大事。

 

⑤腹巻き

寒い日に走るとお腹が冷えちゃって、毎回お腹が痛くなってしまう・・・

僕の所属していた部活動の先輩がこの症状に悩んでいて、練習後はいつもトイレに駆け込んでいました。

そんな寒い日の悩みをイッパツで解決したのが『腹巻き』。

腹巻きって聞くとなんだかオヤジっぽいですが、これが効果絶大。その先輩は腹巻きを着用するようになってからまったくお腹を下さなくなりました。

こちらの腹巻きならマジックテープで簡単に着脱できるので走っている時に暑さを感じたらすぐに取り外せます。

 

⑥ランニング用手袋

走っていて、特に冷えやすく、辛いのは手先。ここをしっかりと温めてくれて、なおかつ軽量で、発汗性も高いのが『ランニング用グローブ』です。

ランニング初心者などは普通の手袋でも構いませんが、シリアスランナーの方はランニング用手袋を使ってほしい。手袋を着用することにより手先が重くなると、フォームが崩れてしまう恐れがあるからです。

試しに、普通の手袋をして10分ほど走ってから、手袋を外して走ってみてください。腕振りの感覚が変わり、フォームが少し変わるのがわかると思います。

フォームの乱れはコンディションを崩す原因になります。ここはケチらず、ランニング用グローブを買いましょう。

 

⑦冬用のランニング帽子、イヤーウォーマー

寒い日に走ると、耳痛くなりますよね。真っ赤っかになりますよね。

そんな日は、ニット帽(それかイヤーウォーマー)をかぶって走りましょう。

暑くなったらすぐに脱げますし、ネックウォーマーと同様 ランニングとの相性抜群な防寒グッズです。

 

⑧ロングTシャツ(もしくはアームウォーマー)

まさか半袖で走る人はいないと思いますが、一応。

ウインドブレーカーを羽織るにしても、中に着るシャツは長袖を選んだほうがいいですよ。温かいですし、いざウィンドブレーカーを脱いでもそれほど寒さを感じなくてすみます。

また、シリアスランナーの代名詞”アームウォーマー”もいいですね。高強度トレーニングの時には長袖シャツの空気抵抗も気になりますし。

 

 

まとめ

柴犬001

冬場は寒くて走るのが億劫です。

しかし、夏場よりも練習を積みやすく、大きくレベルアップできる時期でもあります。

練習の質を高めるため、またモチベーションを無駄に下げてしまうことを防ぐため、

ここで紹介した防寒グッズを活かしましょう!

本記事は関連記事も含めると相当ボリュームがありますので、必要ならばブックマークし、今後のランニンググッズ探しに役立てましょう。

その他おすすめ防寒対策グッズを紹介している記事一覧

冬のマラソン大会に最適な服装・防寒グッズなどを紹介している記事はこちら↓
これで完璧!極寒のマラソン大会を耐え抜く服装【初心者から上級者まで】

ウェア、パンツ、ウィンドブレーカーなどを多数紹介している記事はこちら↓
【メンズ】ランニングウェアやパンツなどAmazonで買える商品まとめ
【レディース】ランニングウェアやパンツなどAmazonで買えるグッズまとめ

ネックウォーマーを多数紹介している記事はこちら↓
【おすすめ】ランニング用ネックウォーマーを用途で選ぶ!Amazonでね。【ジョギング】

アンダーウェア・タイツを多数紹介している記事はこちら↓
【おすすめ】肌にピタ!!アンダーウェア・タイツで寒い冬のランニングをこなす【比較】